ビジネスで中国へもアクセスしやすい香港の街

香港は日本からは4時間ほどのフライドで行くことのできる場所で、手頃な観光が楽しめるところです。中国にはなりますが、イギリスの統治下にありましたので、その影響が現れており、中国とはいっても中国本土には雰囲気も違いますし、華やかな印象です。

治安は比較的安定しており、旅行者でも普通にあちこち行くことができます。ほとんどが中国人ですが、海外の企業と観光が盛んですから外国人もたくさん見ることができます。

現地の言葉は主にカントニースで、大きな声でしゃべるのが特徴です。宗教は仏教で、それがはっきり表れています。個人の家では仏教関係の崇拝の赤い色のものを家に飾っています。

物価は日本よりは少し安い程度という感じです。食事がおいしく、いろいろな中国料理が楽しめます。

日本との関わりに関してはそれほどでもありませんが、ビジネスが主になるのではないかと思います。日本人であれば、ビザは問題なく、空港のイミグレーションでスタンプを押してもらい入国が可能です。

中国の中でも香港はビジネスが進んでいて、先進国という感じがします。夜景がきれいで、香港のビルの夜景、そして海がぴったりマッチしています。1度は訪れたい場所ですし、もう一度行きたくなるのが香港です。

また中国企業とのアクセスや交渉をするには香港がふさわしいですね。中国ビジネスを考えているなら、香港への転職を検討してみて下さい。