ベトナムは日本と比べると物価がとても安いため、現地企業に採用される場合には給料は現地の物価に合わせることになります。一般的な現地採用の給与は1500ドル程度と言われていますが、ベトナムでは税金が20%と高いですし、社会保険などへの支払いも含めると、実際の手取りは1200ドル程度になると考えると良いでしょう。ベトナムの現地企業では、ほとんどの企業は現地通貨よりもより安定しているアメリカドルでの給与支払いとなっているのが特徴です。アメリカドルの為替レートによっては給料が少し多く感じたり少なく感じる場合もあります。

ベトナムの現地企業の多くには、日本企業のようにボーナス制度が採用されています。ただし、日本のように給料の何か月分という金額ではなく、多くの場合には月給の1か月分程度と設定されていることが多く、ボーナス支給が太っ腹な企業でも月給の2か月分程度となっています。ベトナムでは年間12か月分のお給料ではなく13か月分の給料が支給されるという慣習があり、ボーナスがゼロという企業は少ないようですね。

現地企業で働く場合には、日本の厚生年金に当たる社会保険や医療保険などへの加入が義務付けられています。これらの保険の掛け金は給料から天引きされるため、社員に加入するしない選択肢は与えられていません。しかし、地方に行くとこうした福利厚生への加入が徹底されておらず、企業によっては加入していない場合もあるようです。

ベトナムの現地企業で働く場合、給料形態や金額は現地の物価に合わせているため、駐在員のように豊かな暮らしができるというわけではありません。しかし日本と比べると居住費も半額程度と安価なので、比較的暮らしやすくのんびりした生活をエンジョイしやすい環境にいると言えます。特に食費は日本と比べると非常に安く、毎食を外食にしても一日当たり500円程度となっているので、現地の文化を思い切りエンジョイできそうですね。

ベトナム求人に関する様々な情報もご確認ください。業種、業界別のお役立ち情報が見られますよ。
URL:http://xn--u9j0jg2duby339abde498cyqhc87g.com/

世界人口の4人に1人が英語を話すという今、英語講師の需要は急増しています。また海外とのビジネスの現場では英語が使われますので、英語が好き、英語を学びたいという人は日本でも多くいます。英会話の講師になりたい人も多く、私もその一人でした。

実際に中学生から大人までを相手に、英会話を教えています。英語を教えると言うことは、単に英語が好きというだけでは勤まりません。楽しく英語が話せるようになるために、様々な工夫をしなければなりません。

私が特に気をつけている点は、日本人特有の英語に対するアレルギーをなくさせる、ということです。英語は難しい、苦手だと言う意識をまずは克服してもらいましょう。

次に、その人に合わせてプログラムを組み立てていきます。ある程度の文法は必須なので、基本的な英文法はやはりワークブックを使って一緒に勉強していきます。そして一番大切なのは、それを実際に使って応用してみるということです。応用が出来なければただ単に知識で終わってしまいますので、せっかく勉強したこともムダになりますし、やはり楽しくありません。

そこで私は毎回のレッスンの後半は、ロールプレイゲームをします。その日に学んだ内容を含めて、テキストを見ないで実践できる場を作ってあげます。講師の側が外人になった振りをして、ゲームを進めていきます。これを繰り返し行っていくことで、英語に対するアレルギーも苦手意識もなくなっていきますし、徐々に生徒さんの英語力もアップしていきます。是非実践と応用をしてもらうことを忘れずにいてください。

香港は日本からは4時間ほどのフライドで行くことのできる場所で、手頃な観光が楽しめるところです。中国にはなりますが、イギリスの統治下にありましたので、その影響が現れており、中国とはいっても中国本土には雰囲気も違いますし、華やかな印象です。

治安は比較的安定しており、旅行者でも普通にあちこち行くことができます。ほとんどが中国人ですが、海外の企業と観光が盛んですから外国人もたくさん見ることができます。

現地の言葉は主にカントニースで、大きな声でしゃべるのが特徴です。宗教は仏教で、それがはっきり表れています。個人の家では仏教関係の崇拝の赤い色のものを家に飾っています。

物価は日本よりは少し安い程度という感じです。食事がおいしく、いろいろな中国料理が楽しめます。

日本との関わりに関してはそれほどでもありませんが、ビジネスが主になるのではないかと思います。日本人であれば、ビザは問題なく、空港のイミグレーションでスタンプを押してもらい入国が可能です。

中国の中でも香港はビジネスが進んでいて、先進国という感じがします。夜景がきれいで、香港のビルの夜景、そして海がぴったりマッチしています。1度は訪れたい場所ですし、もう一度行きたくなるのが香港です。

また中国企業とのアクセスや交渉をするには香港がふさわしいですね。中国ビジネスを考えているなら、香港への転職を検討してみて下さい。

香港には、出張で行ったことがあります。直近で行ったのは昨年の秋ごろですが、とにかく人の優しさに触れた出張でした。

会社の同僚と二人で二泊三日、香港とマカオでの企業と打合せしました。往復の航空券だけ購入し、あとは現地に行ってから決める、行き当たりばったりの出張です。

私たちは日本人ですが、当時中国に住んでいました。香港は中国の一部とのことですが、印象がまったく異なります。

発展していて街がきれいなのはもちろんですが、教育をきちんと受けている人が多いと見え、困っていたら進んで声をかけて助けてくれる人が多くいました。慣れない街で道に迷うことが多かったのですが、親切な人々のおかげで、心まで温まりました。さらに言えば、本土に比べて英語を話せる人が多いのが、ビジネスマンにとってうれしいことではないでしょうか。

途中で予期せず寒くなって、手ごろな服を買うことにしました。初めて聞くようなローカルのお店に入ったのですが、私たちが外国人とわかった途端に店員さんが英語で話しかけてくれました。英語を知っているだけでなく、進んで使ってくれるところに優しさを感じます。

レストランでのサービスもすばらしく、店員さんが心から楽しそうに働いていて、笑顔が素敵でした。仕事を忘れて片時の楽しさは出会う人で決まると思います。

香港で日本人が転職するとすれば気になるのは家賃です。安全を保ちつつ都会にアクセスしやすい場所となると1ヶ月の家賃が1ルームで10万円を超えてきます。家族での滞在となると厳しいので日本からですと単身赴任にんなることでしょう。

20代の若いうちに香港での仕事を経験しておくとその後の転職活動も楽になるはずです。

日本からそれほど遠くない位置にも素晴らしいリゾート地は存在します。マレーシアのコタキナバルもその一つといえるでしょう。コタキナバルは、森の聖人と呼ばれるオラウータンで有名な島です。そのほかにも豊かな自然が楽しめるので、海と山の両方を楽しみたい方には最高のリゾート地になるはずです。

コタキナバルの素晴らしい点は自然の豊かさになります。そのハイライトともいえるのが半野生のオラウータンに出会える点です。コタキナバルには野生のオラウータンが生息していますが、中には怪我などにより保護されるオラウータンもいます。こうしたオラウータンを野生に返す施設があるのですが、この施設を見学することができます。特におすすめがシャングリアラサリアホテルです。こちらはホテルの中に見学できる施設があるので、簡単にオラウータンを見ることができます。オラウータンのほかにも自然は豊かです。世界遺産であるキナバル山、世界最大の花ラフレシア、個性的なおさるさんの天狗猿などを楽しむことができます。まさにここでしか味わえない豊かな自然が待っています。その中で働くとすれば日本人ならホテル業がよいと思われます。また日本人を相手に展開する旅行会社での勤務です。日本語や日本人的な作法は必要ですし、言語は英語が必要です。現地で働く人材間は英語でコミュニケーションをとります。

対する海のアクティビティですが、コタキナバルに接する海はそれほどきれいではありません。しかし、船で数十分かけるだけでいかにもリゾート地というような海を楽しむことができます。スポットが無数に点在するので、時間と好みに合わせればよいでしょう。ダイビングにシュノーケリングと自由に楽しむことができます。

以上のようにコタキナバルは自然豊かなリゾート地です。自然を楽しみたい方にお勧めです。

マレーシアの企業に転職する前に、事前の知識として把握しておいてください。

マレーシアの言語はたくさんあります。マレー人はマレー語を話します。中華系は中国語、インド系はタミール語です。共通語としてマレー語となっていて、ほとんどの人がマレー語を話すことができ、またイギリス統治下にあったことから英語教育も盛んで、英語がどこでも通じます。ただかなりシンプルで独特な文法のマレーシアイングリッシュです。東マレーシアでは山間部や田舎のほうでさらに違う民族語が話されています。

中華系は中国語を話しますが、それでも中国のあちこちから来ているために、マンダリン以外にも、カントニース、福建などの言葉も話されています。民族の違う人同士で話すときには相手の合わせるのが基本で、中国人が、マレー人に話しかけるときはマレー語で話しかけます。

宗教については、お互いに宗教を尊重し、相手の宗教にはいっさい干渉しないことが暗黙のルールとなっています。マレー人はイスラム教で、改宗することは禁じられています。中国人は仏教、インド人はヒンズー教です。それぞれに特別な祝日があり、マレー系にはハリラヤ、インド系にはディパバリ、中華系は旧正月です。それぞれの祝日には全マレーシアが祝日として、休みになります。キリスト教もあり、教会がたくさんあります。

仕事の場でも宗教に関する部分は尊重することが求められます。日本人でも理解して仕事では共に働くようにしましょう。